男性ホルモンが薄毛を誘発する理由〜5αリダクターゼを抑制するには〜

 

男性型脱毛症のメカニズム

 

薄毛の原因で多くを占める男性ホルモンについて考えてみましょう。
チャップアップにもこの男性ホルモン型に対抗する成分が育毛ローションとサプリメントに含まれています。

 

男性型脱毛症の薄毛のメカニズムとは

男性ホルモンと言っても数種類あります。そのほとんどを占めるのがテストステロンという男性ホルモンです。主に男性の睾丸から作られます。

 

そのテストステロンが血液によって毛根周辺に運ばれ、皮脂腺において、5αリダクターゼがたくさん作られます。
この皮脂腺にある5αリダクターゼはT型といいます。
実は5αリダクターゼには2種類あって、U型のほうが薄毛に大きく関係しているのです。
このU型5αリダクターゼは毛根周辺で作られます。

 

これらの5αリダクターゼが多ければ薄くなるというわけではなく、毛根周辺にテストステロンのレセプター(受容体)があることで薄くなるのです。

  • U型5αリダクターゼが毛根周辺にあること。
  • その毛根周辺にはレセプターがあること。

これらの要因が重なることで薄毛を誘発する活性型男性ホルモンに変換されてしまうのです。

 

活性型男性ホルモンとは

DHT

 

毛根周辺において、テストステロンがレセプターに促され、5α-リダクターゼ(特に2型)と作用し、ジヒドロテストステロン(DHT)となります。これは様々な薄毛原因のうち最も強力なもので、毛乳頭や毛母細胞をとことん阻害してしまいます。

 

これらの要因が体質遺伝することが、薄毛が遺伝する言われる所以になっています。
しかし、これらの要因のうち、どれかを抑制すれば、男性型脱毛症に対抗することができます。
テストステロンが多いとひげが濃くなりますが、ひげが濃い人が全員薄くならないのは、5αリダクターゼとレセプターが関連しないからです。

 

血流から流れてきたテストステロンが皮脂腺や毛根にある毛母細胞の5α-リダクターゼという酵素と結合すると、DHTに還元されてしまいます。そのDHTはタンパク質の合成を阻害し、毛乳頭の不活性化、さらには皮脂の過剰分泌を起こさせ、髪の生成を防げてしまうのです。

 

5αリダクターゼに対抗するチャップアップの成分

チャップアップの育毛ローションには5αリダクターゼ、男性型脱毛症に対抗する成分が豊富に配合されています。

 

DHTをブロック

 

オウゴンエキス

オウゴンエキスはプロペシアやフィンペシアに配合されている有効成分フィナステリドのように、DHTの生成を促す5αリダクターゼの生成を阻害する効果があります。また、消炎、抗アレルギー、収斂(しゅうれん)などの作用もあり、多くの育毛剤に配合されています。

 

ヒオウギ抽出液

ヒオウギエキスは、イソフラボン誘導体が多く含有していることで、5αリダクターゼを抑える働きもあります。こちらも最近の育毛剤に配合されるようになった注目の成分です。
イソフラボンとは、エストロゲンという女性ホルモンに似た成分を持っており、
保湿効果も高いことから化粧品にも多く配合されています。

 

ビワ葉エキス

こちらも育毛成分として多くの商品に配合されるようになっています。
ビワ葉エキスにはビタミンB1やサポニン等、様々な成分が含有されていて、収れん作用やフケ・カユミの予防などの効能があります。
ビワ葉エキスにも5αリダクターゼを抑制する作用があります。
さらに、毛髪の成長を止める脱毛因子FGF-5を抑制し、FGF-7という成長因子を活性化させる働きもあると言われています。

 

サプリメントに配合されているノコギリヤシエキス

ノコギリヤシエキス含有食品

 

チャップアップのサプリメントはノコギリヤシが含有されています。
このノコギリヤシにも、5αリダクターゼを阻害して、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を抑制します。フィナステリドと同じ効能がありながら、副作用がなく安全な成分です。
ただし、医薬品のフィナステリドと違って即効性や効果は低くなりますが、安全性は確かなので安心して服用できます。