チャップアップのクレンジングジェルの使用感と正しい使い方

 

チャップアップ定期コースにクレンジングジェル

チャップアップを購入するのなら、単品ではなくサプリメントも付いている即効育毛定期便をおすすめしているのですが、このコースにはクレンジングジェルも付いています。

いわゆる頭皮ケアができるものですが、その使用感と正しい使い方について書いてみたいと思います。

 

このクレンジングジェルを使ってYouTubeに投稿している方もいます。
中には「そんなに擦っちゃダメ」、「頭皮につけるもので髪の毛にたっぷり付けてもダメ」というように間違った付け方をしている方もいますので、注意が必要だなと思っています。

 

クレンジングジェルの使用方法

説明書を見てみましょう。

クレンジングジェルとは、頭皮の厚くなった角質を取り除くことで、健康な頭皮に整えるものです。
肌と同じで、加齢と共に皮膚の入れ変え(ターンオーバー)が乱れ、本来なら剥がれ落ちていく角質が残ってしまいます。
頭皮の角質が残ってくると、角質の上に角質がかぶさり、厚くなることで、毛穴も塞がってしまいます。このような状況では、いくら効果のある育毛剤を使っても浸透しづらいのは明白ですよね。

 

まずは育毛剤の浸透力にも影響する頭皮環境を整えるものがクレンジングジェルの役割です。最近はやりの美容室でやっているヘッドスパなんかでも使われてます。

 

さて、チャップアップに付いているクレンジングジェルは15mlです。
少ないと思われる人もいるでしょうが、実はこれで十分だと思います。

 

3回分だけど1回でも足りなかった?

こういう風に書かれている口コミやブログがあります。特に女性に多いですね。
クレンジングジェルは頭皮だけにつけるもので、髪の毛に付けるものではありません。

 

男性に比べて、女性は髪が長いので、たくさん使いがちですが、頭皮だけなので、量は男性も女性も同じです。
ただ、髪の薄い男性と違って、女性はちゃんと根元で髪を分けながら、頭皮だけに付けるようにしなければなりません。
その分、付ける箇所も増えがちなので、すこしは多めにはなります。
男性のミディアムヘアぐらいの私は4,5回は使えそうです。

 

なお、クレンジングジェルは当然ですが、生え際から頭頂部、頭の上部だけでいいです。
側頭部や後頭部など、薄くならないところには付ける必要はありません。

 

クレンジングジェル前と後

 

頭皮が左の画像のように角質が厚く、毛穴も覆われている状態ならクレンジングジェルが役に立つのです。
クレンジングジェル後は右の画像のように角質が剥がれ、毛穴も開いています。(長い間角質が溜まっていた人は、1回ではこのようにはなりません。長い間、手入れ不足だなと感じている場合は、3日後にもう一度したほうが良いかもしれません)

 

薄くならない側頭部(頭の横に部分)や頭の後ろの部分は、スコープ画像を見ると分かるのですが、毛穴も綺麗に開いて良い頭皮環境のままです。やはり、生え際から頭頂部は男性ホルモンのDHTやレセプターとの関係で、頭皮の状態も悪くなりやすいのでしょう。

 

このことから、すでに頭皮が良い状態のところは、クレンジングジェルで角質除去をする必要はないということが分かります。
顔のお肌用によるピーリングと同じだと思って下さい。
ですので、説明書にも書かれていますが、一般的には10日に1回をペースで行います。
ただ、これが初めての方は、結構頑固な汚れ・角質になっていますので、最初は3日後にもう一回しても問題ないと思います。

 

頭皮綺麗

一般の方はスコープはないでしょうから、頭皮の状態は分かりません。

側頭部や後頭部は普通にシャンプーしていれば、何もしなくても、こように綺麗な頭皮をしています。
ですので、このような頭皮にクレンジングジェルをする必要はなく、またやり過ぎると必要な角質まで取ってしまい、逆にトラブルの原因になりますので、注意が必要です。

 

※女性の肌のトラブルで多いのは角質を取るクレンジングのやり過ぎや洗浄力の強い洗顔が原因です。
頭皮にもこれが当てはまりますので、クレンジングジェルだけではなく、洗浄力の強すぎるシャンプーにも注意しなければなりません。

 

クレンジングジェル使用方法

説明書と私の見解です。

頭皮が乾いた状態でブラシをかけ髪の毛のもつれ、頭皮のほこりゴミを落とします。

これは、女性の長い髪の毛の場合は必要でしょうが、元々薄くなったり、細くなったり薄毛を気にしている男性はする必要はないと思います。
毎日シャンプーはしているでしょうから、そんなに汚れてはいないでしょう。問題は頭皮の角質です。

 

そのまま前頭部中心から後頭部になるところまで、生え際から頭皮に直接ジェルを塗ります。

 

左右の額角)こめかみの上の角生え際)からも同様にジェルを塗ります。

要は薄毛の気になるところですね。髪が細く薄くなっているところは、総体的に角質が厚く潤いもありません。

 

頭頂部全体へ伸ばすように、指の腹で優しく5分ほど軽く擦るようにマッサージします。

ここは、注意が必要ですね。チャップアップのクレンジングジェルを塗っているYouTube動画もありますが、こすり過ぎです。
ここでは、たとえ優しくといえどもマッサージをする感覚はやめておいたほうが良いと思います。

 

クレンジングジェルを伸ばす

 

比較的、すぐにパリっとして乾いてしまうことから、この状態でマッサージはしないほうがいいでしょう。
要はすばやく生え際から頭頂部を指の腹や指の裏全体でジェルを伸ばして、均等につけていくということです。

 

肌のピーリングと同じように、その状態から約5分放置しておきます。
その間、体を洗ってもいいですし、湯船に使ってもいいでしょう。
ただし、ジェルは角質を溶かすわけですから、置きすぎはトラブルの原因になります。
ですので、5分で必ず洗い流すようにします。

 

クレンジングジェルと汚れを落とすように、3分ほどお湯でよくすすぎます。
その後、シャンプーを済ませ頭皮をよく乾かしてからチャップアップを使用する

 

クレンジングジェルの使用感

清涼リラクゼイション効果とか、心地よい清涼感とともに、さっぱりと取り除きます。ということですが、クレンジングジェル自体スーッとする成分は入っていないようですので、言うほどの清涼感はありません。

 

毎日するものでもないですから、頭皮の触った感触は分かりません。確かに気持ちよさは感じますが、そこまで感覚的に分かるものではないです。
ただ、育毛剤の浸透力を上げるためには必要なものだということは間違いないと思います。
一般でもこういった頭皮用クレンジングは売られていますが、ピーリングと同じであまり回数をするべきものではないので、チャップアップについている15ml程度のクレンジングジェルで十分1ヶ月分だと思います。

 

まとめ

クレンジングジェルは頭皮環境を整え、育毛剤の浸透を助ける、効果を上げるために必要ですが、角質を溶かすものなので、やり過ぎ、付けすぎ、こすり過ぎに注意が必要です。

 

矢印トップに戻る