チャップアップシャンプーと他の人気シャンプーはどう違うの?というあなたの疑問に回答します!

 

スカルプD・ブラックシャンプー・ウーマ(uma)・チャップアップシャンプー

 

スカルプシャンプーってたくさんありますけど、最近ネットで売れているのが「チャップアップ(CU)シャンプー」です。

 

クリーミーな泡立ちで、脂性頭皮もすっかり収まり、髪のボリュームもでてきたと口コミでも評判。あのチャップアップの販売会社ソーシャルテックから発売されたこともあり、ノンシリコンシャンプーのロングセラーになるかもというぐらい人気商品なんですね。

 

ですが、アミノ酸系ノンシリコンが育毛に良いと知っていても、本当に種類がたくさんあります。

 

当然、「それぞれの違いは何?」という疑問や、チャップアップシャンプーの優位性についても知りたいですよね?

 

そこでこのページでは、チャップアップシャンプーを実際に定期購入して検証したレポートだけでなく、他の人気スカルプシャンプーも実際に使ったことがある管理人だからこそ分かるレポートも掲載しています。

 

実はシャンプーだけで髪が生えるということはほとんどありません。ですがシャンプー選びとその使用方法は育毛には大切です。チャップアップなどの育毛剤と違って、積極的な発毛効果はありませんが、薄毛を誘発することはあります。シャンプーでハゲる可能性もあるのです。

 

チャップアップシャンプーを注文する前に、ぜひこのレポートを読んでいただき、参考にしていただければ幸いです。

 

「チャップアップシャンプー」公式サイトにリンクしております!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

毛髪診断士が開発したチャップアップシャンプー

 

また、他の人気スカルプシャンプーについても解説していますので、チャップアップシャンプーと比較していただければと思います。

 

 

チャップアップシャンプーの特徴とコンセプト

チャップアップシャンプー

 

チャップアップは人気の育毛剤ですが、以前はシャンプーがなかったので、他の合うものを探さなくてはなりませんでした。
実際、チャップアップ定期コースの3ヶ月目か4ヶ月目かは忘れたのですが、送られてきた商品と一緒に頭皮ケア通信が入っていて、サブタイトルはシャンプーの選び方&洗髪方法編

 

頭皮ケア通信

 

オススメは頭皮に優しいアミノ酸系で配合成分で選ぶことが重要と書かれています。このチャップアップ頭皮ケア通信でオススメしている市販シャンプーも紹介していたのですが、チャップアップ販売会社で作ればいいのになぁと思ったものでした。

 

さて、チャップアップシャンプーは毛髪診断士&美容師が開発したシャンプーです。
他の育毛シャンプーとは違う大きな特徴は、5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで配合されていること。
管理人は、ずっとアミノ酸系ノンシリコンを薦めていたのですが、確かに安価に作るために石油系が混ざっているシャンプーも多いのも事実でした。

 

5種類のアミノ酸系洗浄成分とは

コカミドプロピルベタイン

ココナッツオイルを原料として造られる別名ラウラミドプロピルベタインという界面活性剤。ベビー用の製品にも配合されている低刺激な成分なので、安全性が高く、必要以上の脂分を落とさずにしっかりと洗うことができます。また、保湿・コンディショニング効果が出て、髪をまとまりやすくしてくれます。

 

ココイルグルタミン酸2Na

ヤシ油由来のココイルグルタミン酸にナトリウム塩が2つ付いているアミノ酸系界面活性剤。ジナトリウム塩のジとは2つという意味。適度な洗浄力があり、肌と同じ弱酸性で低刺激。しっとりなめらかに仕上がるコンディショニング効果もあるため、泡質を改良するためにも使用される洗浄剤です。

 

ラウロイルアスパラギン酸Na

植物由来の脂肪酸(ラウリン酸)とアミノ酸の一種であるアスパラギン酸のナトリウム塩が組み合わさったph中性の洗浄成分。赤ちゃんやアトピー肌用のボディシャンプーとしても配合される低刺激で安全な成分。泡立ちやすく。手早く泡を洗い流せる性質があるために、他の洗浄成分との組合せに重宝されています。

 

ココイルトレオニンNa

ココイルグルタミン酸2Na+ココイルグルタミン酸NAと言う組み合わせで補完的に含有されることが多い洗浄成分。頭皮への刺激性が低く、コンディショニング効果も併せ持つ。トレオニン(Threonine)とは、スレオニンとも呼ばれる必須アミノ酸の一つ。成長と新陳代謝を促進する作用があります。

 

ココイルグルタミン酸NA

ヤシ油などの植物油から作られる脂肪酸とアミノ酸の一つグルタミン酸が組み合わさった洗浄成分。多くのアミノ酸系界面活性剤の中でも、圧倒的に刺激の低い界面活性剤です。泡立ちが良く、洗浄力に優れているため、脂性頭皮でアブラが気になるけど、髪や頭皮、目への刺激を極力避けたい方に適しています。

チャップアップシャンプーは、上記のアミノ酸系洗浄成分だけでなく、頭皮環境改善に良い天然成分をバランスよく配合したオーガニックスカルプシャンプーです。さらに肌に優しい弱酸性、ノンシリコンになっています。

 

あなたは、頭皮にかゆみがあったり、湿疹ができたりしませんか。
育毛剤の効果が上がらないのは毎日のシャンプーが原因かもしれません。

 

あのチャップアップから発売されたシャンプーなので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。
育毛・発毛促進の妨げになる頭皮の硬化をも防いでくれます。

 

髪のきしみ、艶のなさ、指通りが悪いというノンシリコンシャンプーの弱点を補い、ハリコシを与えボリュームアップを実現。

 

管理人は最初から使い続けるつもりでしたが、縛りがなく1回でも止めることができるのは良いですね。送料無料の1本定期便(3,280円)を購入してみました。口コミもいろいろと載ってますが、結局のところ個人の感想だし、数ヶ月使わないとわかりませんからね。

 

CUShampoo

 

3ヶ月使った詳しいレビューは下記に書いていますが、洗った感触は、美容液のような濃密感があり、キシミは全くありません。クリーミーで頭皮をマッサージしやすい泡質でした。洗いあがりは髪も艶感がでて、頭皮も保湿されているのが分かります。リンスはなくても乾かすとサラサラふんわりとなります。

 

ギシギシ感は0(ゼロ)。ニオイは天然成分の花の香りが軽くありますが、微香ですね。

 

毛髪診断士&美容師が開発したシャンプー!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ずっと使いたい濃密スカルプ成分配合

 

チャップアップシャンプーを3ヶ月以上使ってみた効果と経過

今回、お得な定期便で購入したわけですが、2本目が送られた1ヶ月後では、まだ半分ぐらいの量が残っていました。

 

チャップアップシャンプー1ヶ月後の容量

 

チャップアップシャンプーの容量は300ml。容器が黒いので、中身は分かりづらいですが、送られてきたパンフレットには、天然成分が表現したキセキの色。まるではちみつのようなとろりとした液体と書かれています。

 

中身の色

 

白い容器に少し入れてみました。琥珀色でとろっとした液体ですね。キセキの色かどうかは別にして、この色は合成着色料を使わず、天然成分のグルコシルルチン(ポリフェノール)による色のようです。

 

実際に使ってみた感想

ニオイについて

口コミでは、良い匂いがするという人が多いのですが、良い匂いだけでは分かりづらい表現ですよね。
天然植物の自然な香りなのでしょうか?ほのかに花の甘い香りがします。しいて言えば、ローズっぽいのかなと感じます。管理人的にはメントールのようなニオイはなく、アロマのようなはっきりとしたニオイでもないので、好きな香りでした。

 

女性の場合は、やはりニオイをもう少し求める方もいたようですが、ほとんどの方は気にならない良いニオイという評価でした。ただ、女性はトリートメントやコンディショナーを付ける方がほとんどですけどね。

 

泡立ちと泡の質について

泡質

アミノ酸系のデメリットである泡立ちの悪さは全くなく、非常に泡立ちは良くきめ細かいです。中には泡立ちが良くないと言う人もいるようですが、それは洗髪する前処理をちゃんとしていないからでしょう。また、1度洗いしかしていないのも原因のようです。

 

使用方法にも書かれていますが、シャンプーは2度洗いをします。
まずは、髪を濡らすというよりも、お湯(シャワー)で、頭皮・髪の汚れ、皮脂を十分に洗い流します。

 

1プッシュ分のシャンプー剤を手のひらにとって、両手で泡立ててから頭皮・髪全体に付けて1回目の洗髪をします。その時、泡立ちが悪いからとシャンプー剤をあまり多く使わなくていいです。

 

最初にシャワーで十分に汚れを洗い流しても、汚れがひどい方やワックスなどの整髪料をつけている人は、泡立ちが悪いと感じるかもしれません。かといって、もうワンプッシュ使うということはしなくていいのです。
1回目は、軽く汚れやアブラを浮かせて洗い流す程度でいいからですね。
管理人のような耳を全て出したショートヘアなら半プッシュ。500円玉ぐらいと良く言われますが、100円玉ぐらいでもいいぐらいです。

 

シャンプーを1度洗いで済ましている人で汚れの多い人は、このような理由から泡立ちが悪いと評価しているのかもしれません。基本の2度洗いをすれば、かえってシャンプー剤が少なく済みますよ。

 

2度目でしっかり洗った感想

2回目泡

 

さて、2度目の洗髪では、100円玉ぐらいの量でも十分に泡立ちます。
結論を言えば、アミノ酸系のデメリットである泡立ちの悪さは、5種類のアミノ酸系洗浄成分をバランスよく配合することで解消されています。

 

泡質は、クリーミーでやや固めだということは、手についた泡を見れば何となく分かるのではないでしょうか。きめ細かいというのは、ありきたりな表現で分かりにくいかもしれませんが、シルクのような泡質といってもいいかもしれません。

 

頭皮だけを動かすマッサージに適しているか?

管理人が推奨している薄毛の人用シャンプーの仕方は、ゴシゴシ頭皮を擦らないマッサージ方法です。髪の薄い、細い人は、ゴシゴシ洗うとデリケートな新生毛が抜けてしまうわけです。

 

そのため、シャンプーの泡質は、固めのクリーミーで、洗っている時に髪が引っかからないものが良いのです。その点では、チャップアップシャンプーは理想的な泡質になっています。

 

洗浄力は強すぎないか?

アブラをバッサリと落とすというコンセプトのシャンプーを使っていた人が、チャップアップシャンプーを使うと、最初は物足らないと感じるようです。
必要な皮脂まで洗い流さないこれぐらいの適度な洗浄力が頭皮や髪に良いんだよと言っても、「男はスパーッとスッキリ落とさないと」ということをテレビCMなんかで洗脳されているんでしょうね。アブラを取りすぎるのは、本当は良くないのです。

 

チャップアップシャンプーは、市販の洗浄力の強いもののように、洗っている時に髪がギシギシしたり、手に髪の毛が絡みついたりもしません。頭皮だけを動かすマッサージをしても毛髪を引っ張るようなこともありませんでした。

 

きめ細かくても泡質が軽いものだと、頭皮を滑ってしまいがちです。しかし、チャップアップシャンプーは固めでクリーミーなので、泡自体は指の腹とのバリア機能が働くことで頭皮・毛髪に負担がかからない仕様にはなっていると管理人は感じています。

 

頭皮に必要な皮脂は残し、過剰な分を洗い流す」というチャップアップシャンプーのコンセプトが使い続けてみると分かりました。

 

女性の使用感とトリートメントについて

女性洗髪

美容師と毛髪診断士が開発したシャンプーで、髪のプロであるスタイリストも頭皮と髪の変化を認める使用感ということなので、女性の方でも安心して使えるということが分かりました。さすが、「シャンプーしながらスキンケアもできる」と自信を持って謳っているだけはありますね。

 

使い続けることで、しっとりとしながら、サラサラ感もでて、ボリュームアップ効果もあったという人もいました。
ニオイについては、やはり物足らなさを感じる方もいますが、女性でも淡い花の香りが好評だったようです。

チャップアップのトリートメントもノンシリコン

チャップアップ(CU)トリートメント

男性の場合は、チャップアップシャンプーだけで十分に髪がサラサラ・ふんわりと潤いがあるので、トリートメントは必要ないと思います。元々男性は、リンスすらしない人が多いですよね。

 

女性の場合は、髪が長いというのもありますが、やはりもう少し髪の質感を求めたいものです。そのために、補いきれない役割を担うためにトリートメントも発売されています。

 

このトリートメントの良いポイントは、シリコンを使っていないところです。

 

シャンプーは、ノンシリコンが当たり前の時代になっていますが、その分トリートメントにシリコン入りが増えてきているので注意が必要です。

 

シクロメチコン、ジメチコン、シロキ、シリカ、メチコンといった成分がシリコンです。

 

シリコンは、コーティング剤の一種で、髪に付着すると、ツヤが出て、サラサラとした指通りになります。その分、髪が少し重くなり、まとまりやすくなるけど、ボリュームが出にくくなったりします。

 

髪が細くてボリュームアップ効果が欲しい人は、シリコンが入っていないトリートメントのほうがいいのです。髪にシリコンの皮膜がないので、ふんわり立ち上がりがつきやすくなります。もちろん髪の指通りも良くなる効果やハリコシを与える成分をしっかり配合されています。

 

※シリコン入りのトリートメントを使うと、確かに質感が非常によくなりますが、髪に皮膜ができるため、使い続けると保湿が失われ、パサパサした髪になってしまいます。公式ページにも書かれていますが、「むやみやたらに使用してしまっては余計に髪を傷めてしまう可能性があるというのは本当なのです。髪をコーティングすることで、新たな水分補給(保湿)を髪の外側から出来なくなる。コーティングすればするほど、水分が失われてしまうわけですね。

 

チャップアップトリートメント付きの公式ページの詳細!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

チャップアップ(CU)トリートメント付き公式サイトはこちら

 

4ヶ月使ってみたらこうだった!副作用やデメリットは?

チャップアップシャンプー2本

 

公式サイトでは、「1ヶ月後の頭皮環境・頭髪の変化を賞賛?」となっていますが、1ヶ月では分からないこともあったりします。

 

私達、薄毛に悩む方の大半は、脂性肌なのですが、冬や春先よりも暑い夏、蒸せる梅雨時期が一番ひどくて、頭皮や髪のニオイについても気になるところですよね。

 

チャップアップシャンプーを評価するには、やはり暑い時期、梅雨時期に使って、どのような変化があったのかを検証してからでないといけません。一番髪が抜ける秋口まで使い続けてどうなるかも気になるところですが、ここでは暑くて湿度の高い、より脂(アブラ)・汗が多くなる時期まで使いつづけました。

 

髪や頭皮のアブラ浮きやニオイどうなったのか?

男性頭皮の悩み>

洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、暑い季節だと、夜に頭を洗っても朝にはもうかなりのアブラが浮いていて、ひどい時は、ニオイを指摘される時もありました。夜洗ったのに、朝にはもうアブラのニオイがするなんて・・・

 

なので、朝シャンもしたことがあったのです。結果的に、この朝シャンも頭皮環境を悪化させる原因になったわけですが、結局汚れやアブラは取り過ぎても良くないということだったのです。

 

管理人は、元々別のアミノ酸系を使っていたので、アブラ性とはいえ、ニオイを発するということなくなっていました。その状態からチャップアップシャンプーを4ヶ月使ってみたところ、頭皮のアブラ浮きは、ひどくなることはありませんでした。

 

頭皮がギシギシ脂ぎって、ニオイに悩んでいた方の情報では、チャップアップシャンプーを使い始めて2週間ぐらいで、朝のギシギシ感はなくなり、アブラ浮きも気にならなくなり、嬉しいことに奥さんからも髪の変なニオイはしなくなったと言われたそうです。

 

このように、アブラのニオイが気になる方にも有効な商品だということが分かりました。

 

チャップアップシャンプーの副作用について

男性頭皮の悩み

シャンプー選びで気になるのが、フケ・かゆみ、脂漏性湿疹などの副作用がないか、自分の頭皮に合うかどうかです。

 

実際に、夏や梅雨時期に入って合計4ヶ月近く使い続けましたが、フケ・かゆみといった異常は全くありませんでした。シャンプーを変えると、カユミ、湿疹のような頭皮ニキビがでたという話しはよく聞きます。

 

何度も書きますが、しっかりと汚れを落ちしながら、頭皮に必要な皮脂(保湿)は残してくれます。残すのもそうですが、しっかり補給もしてくれていることで、潤いが保持します。

 

もし、フケ・かゆみなど、副作用的なことがあるとすれば、最後のすすぎ洗いが不足しているということが考えられます。どんなに優しい成分でできていても、洗浄剤を洗い残しては何の意味もなしえません。

 

「1分とか2分、3分間すすぎ洗いましょう。」というようなことをよく聞きますが、時間よりもしっかりと指の腹を使って、頭皮のシャンプー剤を落とすようにしましょう。髪の毛ばかりを洗い流して、頭皮はあまり意識していない方も多いのではないでしょうか。

 

チャップアップシャンプーのメリットとデメリット

3ヶ月使ってみて感じたのですが、あのスカルプDオイリーシリーズに比べても遜色ないボリュームアップ効果がありました。ただし、スカルプDはヘアパック(コンディショナー)を併用してこそのハリ・コシ・ツヤです。その点、チャップアップシャンプーは、リンス・コンディショナーなしで、ボリューム感がでてきました。

 

それ以外のメリットとしては、やはり過剰な皮脂が収まることで、頭皮環境が良くなります。結果的にチャップアップ等の育毛剤の浸透力もアップし、髪の生成力も高まるということです。

 

デメリットを考えてみました。

こういったアミノ酸系は総じて高額になってしまうことがデメリットです。市販のシャンプーでは高くて1,500円ぐらいで、殆どは1,000円以下です。育毛、スカルプケアの効果を考えれば、決して高いということはないのですが・・・

 

薄毛の人にとっては、このぐらいの洗いあがりが理想なのですが、それでも、スカッと、バッサリとアブラ・汚れを落としたい。そうでないとスッキリしない、サッパリしない、洗った気がしない、と感じる方には物足らないかもしれません。

 

遺伝的にも、何をやっても髪が薄くならない人なら良いのですが、少しでも薄毛・抜け毛が心配ならアミノ酸系シャンプーを使うべきですが、そういう考え方をする人もいるのは仕方がないですね。

 

チャップアップシャンプー1本定期便の解約は面倒なの?

定期便の変更

 

1本定期便(送料無料3,280円)が、もっとも安く購入できることで一番人気になっています。
一般的に定期コースというと、3回しばりといったものがあるのですが、1回でも止めることができます。これはメリットですよね。
ですが、休止・解約する為の手続きが面倒だという口コミもあります。

 

定期便で購入後に送られてくるメールには、
「定期便の解約・配達日変更受付は次回届け日10日前まで、お電話のみの受付となっております。」と書かれています。実は育毛剤のチャップアップの場合と同じなのです。

 

実際に電話してみました

解約や休止も簡単に電話1本で済むので、別に面倒ではありません。一応、解約の理由は聞かれますが、適当で良いと思います。

 

私は、解約でも休止でもなく、送付される期間の延長を申し込みました。3回目は、1ヶ月遅らせてもらいました。1ヶ月経過で半分ほど残っていたので、予定では、2ヶ月に1本にしてもらうつもりです。期間は自由に選べますし、手続きは電話1本なので、決して面倒なことはないですね。

 

私の場合はオペレーターの女性だったのですが、とても親切な対応でした。育毛剤の件でも電話したことがありますが、その時は男性でした。この方も親切で気軽に安心して話せました。株式会社ソーシャルテックという会社はしっかりしたところだなと思います。

 

チャップアップシャンプーの詳細を今すぐチェックするには…?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

CU SHAMPOO公式サイトはこちら

 

使ってはいけないシャンプーとは

嫁シャンなんていう言葉があるように、女性専用とか、髪質改善効果を謳っているようなものは使ってはいけません。
シリコン入りが問題になっていますが、ノンシリコンといっても女性用は保湿成分の補給やら香料等、化学成分が配合されていることが多いので注意が必要なのです。

 

よく頭にカユミがあるという悩みをもつ人の話を聞くと、シャンプーを変えたということが原因だったことも多いのです。
また市販のシャンプーに多い洗浄力の強いものは避けなければなりません。

 

界面活性剤が悪い?

界面活性剤が入っているシャンプーは良くないというようなネットの書き込みがあったりしますが、シャンプーには、必ず界面活性剤は入っています。
以前よく言われたのは、石油系合成界面活性剤がダメということだったのです。
石油由来の合成界面活性剤は長期使用による弊害はない とはいえず、頭皮に負担をかけて、薄毛を進行させるということは本当にあったのです。

 

今は、石油系のものはほとんどありませんので、随分やさしくはなっています。しかし、汚れを落とす洗浄剤としての界面活性剤が配合されているため、、頭皮には少なからず負担があるのは否めないのです。
ですので、余分な汚れや皮脂は洗い落としながら、必要な保湿成分を補給するアミノ酸系ノンシリコンシャンプーが薄毛の人におススメできるタイプになります。

 

ウーマシャンプーもオススメ!その理由とは?

ウーマシャンプープレミアム

 

チャップアップと併用するおすすめNO.1は、別の記事でも書いているようにウーマ(uma)シャンプーでした。もちろん、人それぞれで好き嫌いがありでしょうが、管理人はチャップアップシャンプー同様、今でもおすすめの一つとして推奨できます。

 

最近は、頭皮をゴシゴシ洗わない頭皮だけを動かす髪様シャンプーという方法を薄毛の人にオススメしているのですが、これにウーマが一番適しています。

 

たとえ、実際は頭皮に負担がかかって傷めるゴシゴシ洗いをしてしまっても、他のシャンプーとは違いがあります。ウーマは頭皮と指との間に保護膜を張ったようになりますので、負担が少なくなるのです。
それは、シャンプーの泡質が固めでクリーミーだからです。

 

ウーマの泡

シャンプー中に頭皮をモミモミマッサージをするのですが、こすらないで頭皮を動かしやすいのです。

 

もちろん、洗いあがりはスッキリとして、リンスをしなくても髪はサラサラとしています。
初めてウーマを使った時は、少しネチョッとした粘り感みたいなものがあったので違和感はあったのですが、これもすぐに慣れました。

 

まぁ、今までバシバシになるほど洗浄力の強いシャンプーを使っていた人の場合は、始めはスッキリしないかもしれません。
でも、その洗いすぎ、必要なものまで落とし過ぎが薄毛を誘発していたのかもしれませんね。

 

育毛剤+シャンプーを探しているなら、チャップアップとウーマシャンプーの組合せはかなり良いと思います。
一時期、容量が半分で、半額の2,000円弱になっていましたが、さらなる研究を重ねて、保湿力などでパワーアップしたウーマシャンプープレミアムが発売されています。
それに伴い、単品注文だけでなく、お得なプレミアムセット(スカルプローション ウーマリード1本付き)や定期コースから選べるようになっています。

 

ウーマシャンプープレミアムになって、あの馬油独特の洗い流す時のねっとり感はなくなって、非常に流しやすくなりました。唯一の弱点といえるものがなくなったのは素晴らしいと思います。

 

「ウーマシャンプー」公式サイトにリンクしております!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

umaウーマシャンプー公式サイト

 

スカルプDの評価について

スカルプD

 

育毛シャンプーを購入しようと思っている人がまず思い浮かべるのが、スカルプDでしょう。以前は洗浄力が強すぎて、髪がバシバシになるという人が続出しました。
そんな中、10代目スカルプDが発売され、こちらもテレビCMの効果で売れているようです。
※11代目からは男性型脱毛症の原因になる5α-リダクターゼやジヒドロテストステロンの抑制効果がある成分が配合されたそうです。

 

これだけ人気のスカルプDを実際に使ってみました。

 

実は初代だか2代目だかは分かりませんが、以前にもスカルプDは使ったことがあります。
スゴイ洗浄力で、洗っているときに髪が引っかかるほどでした。コンディショナーを付けざるを得ないのですが、それでも髪がパサつきました。

 

10代目から11、12代目スカルプDの洗浄力は?

スカルプD泡

優れた独自の洗浄成分「アミノウォッシュ+」が売りで、今まで以上の泡量、泡のキメ細やかさを実現したということです。

 

実際に使ってみると、確かに以前のような髪の引っかかりはなくなりました。洗い流す時に指が少し引っかかりますので、やはりウーマよりも洗いにくいように感じます。

 

しかし、泡質は固くてクリーミーになっていますので、頭皮を揉みながら洗うには理想に近いものになっています。
公式サイトのシャンプーの使い方でも言っていますが、頭皮を動かしながらマッサージする方法です。これが、やはり正解なのでしょう。

 

ただ、10代目、11代目、そして12代目と徐々にギシギシ感は収まり、洗浄力もマイルドにはなっていますが、それでもまだ洗浄力がやはり強めなので、シャンプーだけでは髪のパサつきは少しあります。汚れがスパッと取れて気持ちいいのですが、コンディショナーが必須なのは12代目でも同じです。

 

チャップアップに合うシャンプーですが、スカルプDは、コンディショナーとの併用が必要です。
スカルプDは、頭皮を汚れや皮脂をスッキリと落とし、コンディショナーで潤いを補給することで頭皮環境を整えるということがコンセプトなのでしょう。

 

購入するなら、コンディショナーとセットで購入しましょう。

 

※2016年5月、12代目スカルプDが発売され、オイリータイプを早速使ったみた方の情報でも、11代目に比べてかなりマイルドで優しくなってきたそうです。洗っている時のギシギシ感はほぼなくなりましたが、やはりコンディショナーとの併用が必要という認識でした。
しかし、11代目でも洗浄力に物足らなさを感じたという口コミもあったことで、今回12代目ではストロングタイプがラインナップされています。スカルプD史上最高の洗浄力とは気になりますが、やはりオイリーで良いのではと思いますね。

 

「アンファースカルプD」については、下記のサイトが初代をはじめ、10、11、12代目と使い比べた使用感や頭皮・髪の変化など、詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スカルプD12代目の効果!11代目との違いがわかるレビュー

 

ブラックシャンプーの洗浄力は?

HAIR GENIUS【ヘアジニアス】

 

ブラックシャンプーもかなりの人気商品ですが、こちらも実際に使っていました。
3分間パックというのが特徴で、洗いあがりはさっぱりして清涼感があり、非常に気持ちいいです。

 

口コミ等で言われているキシミは全く感じなく、頭皮を動かすマッサージにも最適な泡質だと思います。

 

ただ、メントールが入っていますので、夏ならいいのですが、冬だとスースーし過ぎるのが管理人にはマイナス評価です。
しかし、一般的にこういった爽快感を好む人も多いのは事実ですので、それは好みの問題だと思います。

 

スーっとした爽快感が好きな方には、頭皮ケアとしてもオススメできる商品ですが、ウーマに較べると、価格が高めとなっています。

 

「ブラックシャンプー」公式サイトにリンクしております!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※ブラックシャンプーもリニューアルし、パッケージも新しくなっています。使った感触はやはり、スースーしますし、その他もそれほどの変化は感じないと聞いています。ただ成分は追加されて、よりパワーアップしたのは間違いないとのことです。またグローパワーという育毛剤がセットなのですが、チャップアップとの相性も良いのではと考えられています。

ブラックシャンプーとグローパワー

 

以上、チャップアップシャンプーを実際に定期購入して、その使用感や、どのような効果があったのかを検証し、他の人気商品についても解説しました。

 

薄毛因子のない、なにをやっても髪が薄くならないというタイプの人は、どんなシャンプーを使っても大丈夫です。しかし、元々薄くなりやすいタイプの人は気を付けなければなりません。

 

人気育毛剤のチャップアップを付けても、中々効果がでないという方は、頭皮環境を悪化させない毎日のシャンプーを見直すことも必要かもしれません。

 

2016年2月までは、チャップアップ育毛剤にはシャンプーが付いていませんでした。チャップアップ有効成分の浸透を高めるためにも、頭皮環境を整え維持するためにも、シャンプー選びは大切ですよね。そのため、チャップアップに合うシャンプーとして他の商品を紹介していたのですが、株式会社ソーシャルテックからチャップアップシャンプーが発売されたのです。

 

実際、暑い時期は汗、アブラは多くなってくるのですが、そんな時期に、よりアブラをバッサリと落としてしまう洗浄力の強すぎるシャンプーを使うとどうなるでしょうか?
確かに洗い上がりはスカッとしてとても気持ちが良くなるのですが、夜シャンプーしても朝にはもう頭皮がギトギトになったりしませんか?また髪のニオイがひどくなったりしませんでしたか?

 

そうなのです。
アブラを必要以上に取ってしまうと、人間というのは凄いもので必要なアブラを出そうとします。それがまた気になって取ろうとするのですが、アブラを取ればとるほど、脂性になり、頭皮環境が悪くなるのです。