チャップアップの効果的な付け方5箇条

 

チャップアップを付ける

育毛剤が浸透しやすい頭皮環境を作ることが大切で、育毛の第一歩でした。

チャップアップもそうですが、どんな育毛剤でも効率よく浸透できなければ、効果はでません。
頭皮ケアによって毛穴の奥に届かせることが出来たなら、それを長い間持続させたり、血行促進をさせて効果を高めればいいのです。

 

ここでは、そのチャップアップの有効成分の効能を出来るだけ発揮させる付け方や考え方をお伝えします。

 

どうも、一般の方はただ単に育毛剤を付ければ良いのだと勘違いしていたりします。
その付け方では、効果はでないでしょう。勿体無いなと思うことが多いのです。

 

例えば、1日1回しか付けていない。さらにひどいのは付けたり付けなかったりする。
チャップアップの場合、私は1日2回、夜シャンプー後と朝に付けています。

 

頭部全体に塗布

これは、以前の説明書でした。

 

最近の推奨する使い方は、こうなっています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

推奨する使い方

 

説明書には少しづつ全体に塗布とかかれていますが、当然生え際から頭頂部の、いわゆるはげやすい部位と後頭部の中心ラインだけでいいです。(後頭部のセンターラインは薄くならないので、付けなくて良いと思うでしょうが、このラインには太い動脈が流れています。生え際に行くほど細くなって血行不良になりやすいので、この後頭部付近にも育毛剤を付けてマッサージをし、前側・前頭部に血流が行きやすいようにします。)
説明書では1回につき26プッシュ・最近では30プッシュと書かれていますが、管理人は約15プッシュでいけてます。

 

15プッシュを1日2回付けると、1本40日から1ヶ月半でなくなりました。
ですので、頭頂部だけとか、生え際だけという場合以外は、1本1ヶ月半より長くもったということは塗布不足になりますね。
2ヶ月持ったというのは、付けていないのとほぼ同じです。

 

ローション シュッシュ

実は2ヶ月目から慣れてきたので、30プッシュするようになりました

ただ、本当に力強く追いつけてワンプッシュはしません。力強く根元まで押し付けて30プッシュすると、おそらく3週間ももたなくローションはなくなってしまうと思います。

 

シュッシュといった感じで、イメージ的には半プッシュで付けていきます。軽く半プッシュする程度を30回すると、結構頭の上部全体を十分に満遍なく付けることができます。
少し多いかなという感じですが、これで丁度1ヶ月で1本なくなりました。
さすがに、1ヶ月目では要領は分からないでしょうが、これも2ヶ月、3ヶ月と付けていくと分かってくると思います。

チャップアップの効果的な付け方5箇条

管理人なりのチャップアップを付けるにあたっての気をつけて行ったことです。

 

夜シャンプー後は頭皮をしっかり乾かしたから付ける。

少し前までの育毛剤は、頭皮がすこし湿っている状態で付けるのが基本でした。
なぜなら、アルコールなど、刺激のきつい成分が配合されていたからです。

 

本来は頭皮が乾いている状態のほうが、浸透しやすいのですが、頭皮に負担がかかる成分が配合されていたことで、濡れたまま塗布しなければいけなかったわけですね。
その点、チャップアップなど最近の育毛剤は無添加・無香料で頭皮に優しい成分だけで配合されていますので、乾かしてから付けても大丈夫なのです。

 

夜は10時までにシャンプーをして付ける?

これは夜寝るのが遅い管理人の修正しなければいけないことだと思っていましたが、最近変わってきました。

 

ゴールデンタイムとは

体の細胞と同じですが、毛乳頭細胞が一番活発になる時間帯が22時から2時です。と以前までは言われていました。
今でもそう唱えている人がいますが、これは昔、何時の時代か知りませんが、皆が夜10時ごろには寝ていた時に言われていたことです。
それが現在まで言われ続けていたのですが、昔と今では生活環境は全く違ってきています。

 

肌(頭皮)の入れ変えが活発化する時間のことをゴールデンタイムといいますが、現代社会では、多種多様な生活環境ですので、夜眠ってから4時間ということになります。(3時間説もあり)
この時間までに育毛剤の成分を浸透させて、毛乳頭細胞をさらに活性化させておきたいというわけです。
睡眠に付く30分から15分前ぐらいがいいのではないでしょうか。(友人は1時間前だそうですが、それぐらいでもいいでしょう)

 

正しいマッサージで育毛剤の浸透と血行促進

育毛促進のための正しい頭皮マッサージ法

チャップアップアップを購入すると正しいマッサージ法が書かれた説明書も入っています。

簡単に説明すると

 

  1. こめかみをほぐす→頭部の血行がよくなる
  2. 首筋を押し上げる→頭部の血行促進につながる
  3. 百会のツボを押す→リラックス効果がある

 

 

これらをすることで、ゴールデンタイム中の細胞分裂の活性化の手助けをすることにもなりますので、是非やってみてください。

 

頭皮マッサージ法

なお、私は画像のように風池、天柱、百会といったツボとこめかみを中心に頭皮を擦らないように押しながらグルグル回したり、上部に引き上げたりのマッサージをしています。

 

このようなマッサージは頭皮の血行促進になりますので、昼間の気付いた時にでも行うとさらに良いと思います。

 

ドライヤーで乾かす

濡れたままにしておくのは良くないのですが、育毛ローションを付けて2分ほどのマッサージ後すぐにドライヤーで乾かすのは勿体無いです。髪の根元にも育毛成分は付いていますので、髪の髄質からも徐々に毛根の方に浸透していきます。
ですので、すぐに乾かさないで、育毛ローションを付けてから合計5分ほどは濡れたままにしておきます。
マッサージ2分、放置3分ですね。

 

余裕があれば、マッサージをもうすこし長めにしてもいいですが、長くやったからといって効果が上がるというものではありません。
血行促進には2分あれば十分です。

 

その後は濡れたままにしておくと、蒸れて頭皮に悪影響になりましので、ドライヤーでしっかり乾かします。

 

朝も忘れずに育毛ローションを付ける

朝も育毛効果を持続させるために、必ずつけましょう。
育毛剤の説明書の中には1日1回でも良いということを書いていますが、2回付けないと効果が持続できません。
常に脱毛の要素からプラスに働いてほしいのです。(ただ、細胞の活性は高くないので、夜よりは効果は低いとは思います)

 

夜シャンプーしても朝にはもう頭皮が脂ぎっています。
その頭皮の皮脂は日中の紫外線や外気から頭皮を守るために必要ですが、育毛剤の浸透には邪魔です。
かといって朝シャンは皮脂を取り過ぎる弊害の方が大きくなるので、朝シャンはしてはいけません。

 

そのため、そのまま育毛ローションを付けてもいいのですが、できれば精製水(薬局で売っています)を頭皮に付けてコットンで拭き取るか、蒸しタオルで頭皮を拭いて下さい。
その状態で育毛ローションを付けてから頭皮マッサージをします。
また、合計5分置いておくといいのですが、時間がなければ、マッサージも放置も短縮してもいいでしょう。(夜のゴールデンタイム前のほうが大切です)

 

そして、ドライヤーで乾かしセットをします。

 

以上が私のチャップアップ効果的な付け方5箇条です。

 

家族や親戚にハゲている人がいる、育毛って何からはじめたらいいのだろうかと悩んでいる方が、不安から解消されるとしたら・・・

 

チャップアップ公式サイトはこちら

 

 

矢印チャップアップの効果トップに戻る